上記QRコードより
携帯サイトをご覧になれます。
【プルモライトより大切なお知らせ】
前身バンド、(※Strange) gritty humanから約8年。
沢山の人に応援して頂きながら、活動してきましたが、
この度、4月26日の札幌COLONYでの公演をもちまして、
プルモライトは解散する事に致しました。

解散まで残り3本のライブがありますが、
一人でも多くのファンの皆さんに、会いに来て頂ければと思います。

最後の日まで、何卒よろしくお願い致します。

プルモライト


以下、メンバーからのコメントです。

知らない人も居るだろうけど、改名する前の(※Strange) gritty human時代からを考えると、約8年。
私のがむしゃらに駆け抜けてきた青春が、終わります。
普通の人生ではありえない程の、沢山の出会いがありました。
全国流通盤を3枚もリリース出来て、全国ツアーもやれた。
メンバーの脱退があったり、色んな事がこの約8年の間にあって。
バンドを辞めたいと思った事もあったし、もう歌えない、と泣きながら過ごした日々もあった。
それでもステージに立って生きてこれたのは、紛れもなくファンの皆さんのお陰です。
今回、「声彩を放つ」の制作にあたって、今まで通り自分の足りない頭をフル回転させて、
いつも通り1曲1曲を振り絞りながら作っていた時に、
自分の中での、底や、限界が見えてしまいました。
勿論、この先も曲を作り続ける事自体は可能だと思うけれど、今以上を超えていくのは不可能だと感じました。
ファンの皆さんには、一番良い状態のプルモライトを記憶に残してもらいたかった。
そう考えると、これ以上プルモライトを続けていくのはどうしても難しかった。
それでもCDや、今までの数々のライブが、皆さんの心の中で生き続けていくわけで、
そう思うと寂しくはあるけれど、嬉しくもあります。
私の中で、もう音楽活動はやり切ったと感じています。
なので、人前で歌ったり、CDを出す事は、この先一生ありません。
ラスト3本。東京、大阪、そして札幌。ほかの地域も行きたかったけど、ごめんなさい。
私達も会いに行くので、可能な限り、皆さんも会いに来てください。
歩みの遅いバンドではあったけど、いつ、どんな時も、私達を信じて待っててくれて、
応援してくれて、本当にありがとうございました。

Vo&Gt.上林唯愛


突然の発表で驚かせてしまってごめんなさい。
いつかは来ると思いながら活動していましたが、ついにこの日が来てしまいました。
この度プルモライトは解散することになりました。
仲良くしてくれたバンドの皆さん、関係者の方々、そして応援してくれた皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。
約8年間今までやってこれたのは支えてくれた皆さんのおかげです。
とても幸せでした。
本当にありがとうございました。

僕個人としても人生の約半分、共に歩んできた音楽活動に終止符を打ちます。
やりたいことは全てやり切ったと思っているので前向きに捉えて頂けたら嬉しいです。
もし、またやりたいことが出来た時は作曲などするかもしれません。
今の時代ネットでなんでもできますし、配信した時は聴いてやってください。
また何処かでお会いしましょう!
本当に、本当に、今まで応援ありがとうございました!!

Gt&Cho.長坂賢


僕が加入してから短い期間でしたが応援してくれてありがとうございました。
プルモライトというバンドでベースを弾かせてもらえたことを誇りに思います。
本当にどうもありがとうございました。

Ba&Cho.セトユウキ


今回の発表を見たファンの皆さん、驚かせてしまってごめんなさい。
見間違いだろうと思った方もいると思います。嘘じゃないです。文字通り【解散】です。
僕が18歳で高校卒業した時に入った(※Strange) gritty humanから約6年が経ちました。
元々はギターのまさるが高校の先輩で、当時の僕はファンの1人でした。
そこで高校の時にやっていたバンドでの卒業ライブに出てもらってから縁があってサポートをやらないかと
ゆんちゃんに誘われたのがきっかけでした。
そこから正規として活動を始め、改名を経てみんなの元に音楽を届けることができるようになりました。
本当に嬉しい事でした。高校から音楽を始めて、ファンであったバンドで、CDを出すことができたし、
好きになってくれたみんながライブに来てくれて
『楽しかったです』『また来てください』『ずっと応援します』
誰でも言えそうな言葉たちがここまで沁みる事があるのかと。そしてずっと続くんだと思ってた。
でも現実はそう簡単じゃなかった。
誰かに見せたかった景色を
みんなと一緒に作りたかったものを
自分の理想と想像で終わらせてしまった事に憤りを感じます。
ただ、これだけは言えます。
プルモライトというバンドで、細田義樹という1人のドラマーとして活動できた事は自慢です。
今まで応援してくれた皆さん、本当にありがとう。

そしてこれから先、それぞれの人生が始まります。
終わりは始まりという言葉もあるように、
僕は始まりのスタートラインに立ち今までとは違う環境に飛び込みます。
またどこかで会えるかもしれないし、もう2度と会えないかもしれない。
さようならというにはまだ早すぎるから
またねと言っておくよ。会えたら笑顔で話そう。

ありがとう。またね。

Dr&Cho.細田義樹



Posted : 2019.01.31
1  | 2  >